360℃ Google street view

CORPORATE BLOG

なぜブランディングが大切なのか

Written by Megumi

こんにちは、メグミです。
近頃、ブランディングに関して自身で今一度調べてみる機会があったので、今回はその内容を投稿させていただこうと思います。

そもそもブランディングとは

そもそもブランディングとは何なのか。
私も様々な情報に触れて考えてみましたが、一言ではっきりと定義するのが難しい言葉ですね。
なのであくまで私自身の言葉で定義したものとなりますが、ブランディングとは、「長期にわたってそのブランドの「らしさ」や独自の「持ち味」を作り出していく活動の総称」を指すのではと考えています。
ここで言う持ち味とは、そのブランドの持つ世界観や雰囲気、他にはない特徴や魅力など、ブランドを形成するイメージのことです。

そして、ブランディングをした上での目指すゴールは、その形成したブランドのイメージや価値をお客様に認識してもらうこと。

 

いくらそのブランドの商品が優れていようと、お客様自身に商品の存在を認知されていなかったり、「優れている」と知ってもらっていない限りは選ばれることはありません
そのブランド自身のイメージがしっかりお客様の頭の中に認知されて初めてブランドとして成立します。

そんなブランディングの確立がしっかりと行われている例として挙げられるのが、スターバックスコーヒー。

みなさん、きっと「コーヒーといえばスタバ」というイメージが頭の中で定着しているのではないでしょうか。
「おしゃれ」で「質が良く」、「居心地の良い落ち着いた空間」。
そんなブランドのイメージが定着しているからこそ、決して安くはない値段でも買い求めるお客様がいます。価格ではなく、「そのブランドだからこそ買いたい」というそのブランド独自の価値がしっかりとお客様に伝わっている証拠ではないでしょうか。

 

上記で例に挙げたスタバのように、お客様にブランドの存在やそのブランドならではの価値やイメージを伝えるためにブランディングは必要となります。

ブランドのイメージを形成する要素

では、そのブランドのイメージを形成するためには何が必要なのか。
必要な要素はたくさんあります。

商品はもちろん、ロゴマークやイメージカラー、パッケージ、WEBサイト、店舗看板、広告、SNSなど、そのブランドを構築するありとあらゆる要素がブランドのイメージに繋がっていきます。
(図で示した形が下の画像になります。)

そこで大切なのは、全ての要素に一貫性を持たせること。

全ての要素に一貫性を持たせることが大切

例えばイメージカラーとパッケージに使用するカラー、WEBサイトのメインカラーを合わせるなど、全ての要素における統一感が大切になります。
もしもロゴマークやパッケージ、店舗看板のメインカラーとして赤色を使用しているブランドが、WEBサイトだけガラリと雰囲気を変えて、スタイリッシュな青色を使用していたら混乱しますよね。
「これ同じブランド?」「世界観がわからない」とお客様の立場でもかなりブランドのイメージが掴みにくいと思います。

お客様がイメージを掴むにあたって、「色」や「パッケージ」など目に見えるもの、ビジュアルによる比重がとても大きいのではないでしょうか。
なので視覚的な情報として、デザインによって一貫したブランドのイメージを可視化することで、「ブランドイメージ」がお客様に伝わりやすくなると考えています。

ブランドを立ち上げる際は、そのようなイメージ形成につながるブランドのコンセプトや世界観、方向性をしっかりと確立しておくことが非常に大切ですね。

今回の投稿は「ブランディングとは何なのか」という導入部分の内容になりましたが、今後はさらに深堀したような投稿ができればと思います。

 

Written by Megumi

 

この記事を書いた人

Megumi
MegumiDesigner
これといった趣味がないので現在模索中です…。
手を動かして色々ものづくりするのが好きです。
Pocket

※テレビ会議によるフルリモートでのサービスの提供にも対応しております。

滋賀でホームページ制作をするならファーストメイドにお任せください。滋賀県を拠点にして、ホームページ制作を主な業務としています。

FIRST MADEでは、あらゆるデザイン制作や企業ブランディング、アートディレクションを行なっています。 私たちは滋賀の頼れるweb制作会社としてお客様に寄り添います。