360℃ Google street view

CORPORATE BLOG

「色」が与える企業イメージ

こんにちは、メグミです。

デザインをする上でも視覚的な面で大事な要素である「色」。
色には様々な心理効果があること・色によって人に与える心理効果が違うということは皆さんご存知だと思います。

ビジネスにおいても色の与える心理効果というものを上手く取り入れていきたいですよね。

企業の印象を決めるコーポレートカラー

ビジネスにおいて重要なコーポレートカラー

コーポレートカラーとは、その企業のイメージを社内外に印象付けるために使用される色のことです。
企業や組織を象徴する色なのでシンボルカラーとも言われますね。

このコーポレートカラーはブランディングにおいても重要な役割を果たすので、企業の理念や想いとリンクするような、その企業にあった色を選ぶ必要があります。
決定したコーポレートカラーを元に、それをロゴマークや看板、商品パッケージ、WEBサイトなどに一貫して使用していくことで、次第にその色と企業のイメージがリンクして認知されるようになります。

例えば、無印良品と聞けば何色を思い浮かべますか?
落ち着きのあるボルドーと、シンプルなボックス型のロゴがすぐに思い浮かぶかと思います。
では、コカ・コーラは?ローソンは?スターバックスはどうでしょう。

それぞれ赤・青・緑のカラーと、上の画像の通りのロゴマークがセットですぐに連想できますね。

このように、企業のイメージと認知を広げ、強いブランド力を構築していくためにもコーポレートカラーはとても大切です。

では、それぞれの色が人にどんな心理効果を与え、どんなイメージを印象付けられるのか。
ロゴ実例を交えていくつか簡単にご紹介します。コーポレートカラーやロゴマークなど、ビジネスにおける色選びの参考にしていただければと思います。

知的な印象を与える青

まずは、ビジネスという言葉から真っ先に連想されそうな青色です。

青色は信頼感・誠実・落ち着き・安全・知的といったイメージを持っています。
上記のイメージ通り、青色には心を落ち着かせて集中力をアップさせるという効果があります。
そのためビジネスにおいては信頼・誠実さを表現するには最適な色であり、サービスに対する信頼感であったり、知的・先進的なイメージを大切にしたい企業の多くが青色をコーポレートカラーとして掲げています。
また、青色はその他にも清涼感や清潔感を象徴する色でもあるので、爽やかさを売り出したい飲料メーカーでも取り入れられていますね。

「購買色」とも呼ばれる赤

続いて赤色です。

情熱的なイメージのある赤色は、情熱・活動的・エネルギッシュ・生命力などを象徴するポジティブな色です。(そんなイメージからか、戦隊モノでもリーダーは赤色が多いですね)
太陽・火・血液といった人が生きるために必要な多くのものを連想させる色なので誘引性が高いのだそう。
他の色と比べても目を引き注目を集めやすい色なので、購買意欲を刺激しやすいと言われ、「購買色」・「販売色」と表現されることもあります。
なので多くの日本企業がコーポレートカラーとして赤色を選んでいますよね。
ロゴマークなどに限らず、セール・特売のチラシなど、消費者に行動を起こして欲しい・注意を向けて欲しいという時には赤色が効果的に使えるわけです。

また、元気で生命力のある印象も与えられるので、食欲増進の効果が狙えるとして食品系の企業ロゴには赤色が採用されることが多いです。
パワフルなイメージにしたいという場合には赤色がぴったりです。

楽しさを感じさせる黄色

続いては黄色です。

黄色は有彩色の中で一番明るい色なだけに、明るい・希望・軽快・素直・幸福などのイメージをはじめ、気持ちを明るくしてくれる心理効果ももたらします。
また、視認性が高く印象に残りやすい色とも言われているため、幅広い業種でコーポレートカラーとして取り入れられているのが特徴です。

しかし、多くの方がご存知だと思いますが、同時に黄色は注意喚起の色でもあります。
「立ち入り禁止」の標識や黄色信号など、私たちの身の回りでも注意を示す色として非常によく使われています。
黄色と黒の組み合わせは言わずもがな、強い警告を表す意味も含んでいるので、解釈に気をつけて取り入れたいですね。
広告媒体においては、注意喚起の効果を上手く利用し、注意・視線を引きつける色として黄色を効果的に使用することもありますが、ロゴマークにおいては元気・明るさ・親しみやすさなどを意識して使われることがほとんどです。

安らぎを与える緑

最後に緑色。

緑といえば、「自然」の色ですよね。
そのイメージ通り、緑は安らぎ・癒し・調和・健康・安心を表す色です。
心理的にも心を穏やかにし、気持ちを落ち着かせてリラックスさせてくれる効果があります。
そのため、消費者に安心感や癒し・安らぎのイメージを与えたい、健康的なイメージを与えたいという企業のコーポレートカラーとして取り入れられています。
主には健康食品やリラクゼーション、環境系の企業が多いですが、緑色は落ち着きがあり比較的使いやすい色でもあるので、黄色と同じく幅広い業種で使われているかと思います。

銀行やJRなどで使われているのを見ると、やはり人々に安心感を与える色として緑色はとても効果的なようですね。

コーポレートカラーは企業ブランディングの一つ

コーポレートカラーを何色にするかによって、消費者に伝えられる企業イメージは異なってきます。
色は視覚的に最も伝わりやすい要素なので、パッと見ただけでもおおよそのイメージは掴めるはずです。

まずは色のイメージで企業の理念や伝えたい価値を表現する。

それぞれの色が与える効果や持つイメージを意識しながら、企業に合うカラーをしっかり選別し表現することが、企業イメージの浸透に繋がっていくのではないでしょうか。

Pocket

※テレビ会議によるフルリモートでのサービスの提供にも対応しております。

滋賀でホームページ制作をするならファーストメイドにお任せください。滋賀県を拠点にして、ホームページ制作を主な業務としています。

FIRST MADEでは、あらゆるデザイン制作や企業ブランディング、アートディレクションを行なっています。 私たちは滋賀の頼れるweb制作会社としてお客様に寄り添います。