360℃ Google street view

CORPORATE BLOG

【店舗向け】Instagram運用のコツ

Written by Megumi

こんにちは、メグミです。

以前の投稿に引き続き、Instagramに関する投稿です。
今回は実際に店舗でInstagramのアカウントを運用する際に大切になるポイントやコツをご紹介できればと思います。

運用の前に決めること

アカウントも作って、もういつでも投稿できる!という状態でも、実際に投稿し始める前に決めておいた方がいいことがあります。

それは運用の目的やアカウントの方針を決めること。

なんのためにInstagramを運用するのか。
目指すべきゴールは何か、運用して何を叶えたいのかという部分ですね。

ビジネスアカウントを運用する目的として、以下のようなものが挙げられると思います。

・認知度を上げる
・アカウントの世界観を発信する
・インスタグラムを通じてECサイトにある自社商品の購入に繋げる
・ユーザーとコミュニケーションを取る

それぞれの目的によって運用の仕方ももちろん変わってくるので、まずは軸の部分をしっかり設計することが大切になります。
複数人で運用を担当する場合だと尚更、担当者によって投稿の仕方や内容にバラつきが出ないよう、目的や方針といった根本的な部分で共通認識を持っておくと安心です。

アカウントの世界観を明確に

運用の目的も決まったし、とりあえず何かしら投稿しよう。
という方もいらっしゃるかもしれませんが、その前に…。

今や4人に1人が利用しているとも言われるほどユーザー数が多く、若い年齢層にも訴求できるInstagramですが、だからといってちょっと小綺麗で若者が好きそうな写真を適当にたくさん投稿しておけばいいというわけではありません。

Instagramはビジュアルが重視されるSNSです。
そのためアカウントの世界観や雰囲気というものがとても重要になってきます。
企業のイメージや世界観を正しく伝えるためにも、投稿する写真や動画、文章に一貫性を持たせることが必要です。

例えば、投稿する写真のトーンや色味を合わせる。
一貫してスイーツの写真だけを投稿する。など…

投稿する写真や動画のテーマや雰囲気が統一されていることで、どのようなことを発信するアカウントなのかをユーザーに一目で伝えることができます。

例としてはこちら。

左側はドライフラワー店、右側は飲食店のアカウントのプロフィールページです。
どちらも写真の精度が高く、色味やトーンにも統一感がありますよね。
特に左側のアカウントは一貫してドライフラワーの写真を投稿し続けることで、アカウントを一目見ただけで何を扱うお店なのかすぐにわかります。

上記の例のようにアカウントのプロフィールページを充実させ、あるテーマに則って統一感を持たせておくことで、その世界観を魅力に感じたり共感するユーザーがファンになってくれます。
特にユーザーがそのアカウントをフォローするかしないかを判断する時、アカウントのプロフィールページに並ぶ写真が大きな影響を与えるため、アカウントの世界観を徹底することで自然とフォロワー数も伸びてくるのではないでしょうか。

ストーリーズの活用

Instagramの機能として、通常の投稿に加えて活用できるのがストーリーズです。

ストーリーズは通常のタイムラインとは別に、画面上部に表示されます。

その特徴として、
・スライドショー形式で画像や動画を投稿できる
24時間で自動的に投稿が消える
・通常投稿よりも気軽に投稿でき、身近に感じられる
・アンケートや質問・Q&A機能があるのでユーザーとのコミュニケーションの場になる

というような点が挙げられます。

ではストーリーズではどんな内容を投稿していけばいいのか。
・商品やサービスの使い方、楽しみ方を紹介する
・最新情報、営業日、新商品などのお知らせやニュースを流す
・商品やサービスのレビュー(実際に購入・使用したお客さんの感想)を投稿する
・参加した展示会やイベントの告知、様子を紹介する
・舞台裏(商品の製造工程や調理工程、スタッフの様子)の様子を公開する

アカウント運用の目的や方向性によって投稿内容は変わってくるかと思いますが、以上のようなものが挙げられます。
特に通常の投稿からは読み取れない現場の様子や日常風景など裏側の様子を公開したり、実際にユーザーと交流できるコンテンツを投稿していけば、より見ている人にも身近に感じてもらえるのではないでしょうか。

 

実際にストーリーズを上手に活用している事例がこちら。
■スターバックスコーヒー

コーヒーといえばスタバ。
幅広い年代に人気なスターバックスコーヒーのアカウントです。

通常の投稿とは別にストーリーズではスターバックスの歴史やあゆみ、社内の様子に関して多く発信されています。
新商品やサービスに関しての発信をしている通常投稿と使い分けることで、よりスターバックスが身近に感じられるのではないでしょうか。

また、ストーリーズをユーザーとの交流の場としても上手に活用されています。

上の画像にあるような「どのコーヒーが飲みたい気分?」「家で作るならどっち?」といったような、ユーザーに質問を投げかけて回答してもらう形式。
店舗側からの一方的な情報発信だけではなく、しっかりとコンテンツに参加してもらうことで相互にコミュニケーションが取れるので、より根強いファンが定着していくこととなります。
質問の内容によっては、返ってきた意見や回答が商品開発に活かすこともできるのでメリットですよね。
アンケートの結果や回答をストーリーズで発表される楽しみもあり、ユーザーからの注目度も上がりますね。

また、自店舗のアカウントをタグ付けしてくれた投稿にいいねを残したり、ストーリーズでリポストしたりすると「自分の投稿を見てくれてるんだ!」とユーザー側も嬉しく感じるので、フォロワーの定着にも繋がります。

世界観&ユーザーとのコミュニケーション

長々とした説明になりましたが、今回の投稿でご説明したかったのは、Instagram運用に関してはアカウントの一貫した世界観ユーザーとコミュニケーションを取ることが大切だということでした。

投稿についたコメントに一つ一つ返信する。
自分のアカウントに関する投稿にはいいねを返す。

一つ一つは地道なアクションかもしれませんが、このような細やかなコミュニケーションがアカウントにファンを定着させたり、アカウントを大きくしていくことに繋がっていくのだと思います。

今回は長くなりましたので、また別の投稿でもInstagramの運用に関してお話しできればと思います!

この記事を書いた人

Megumi
MegumiDesigner
これといった趣味がないので現在模索中です…。
手を動かして色々ものづくりするのが好きです。
Pocket

※テレビ会議によるフルリモートでのサービスの提供にも対応しております。

滋賀でホームページ制作をするならファーストメイドにお任せください。滋賀県を拠点にして、ホームページ制作を主な業務としています。

FIRST MADEでは、あらゆるデザイン制作や企業ブランディング、アートディレクションを行なっています。 私たちは滋賀の頼れるweb制作会社としてお客様に寄り添います。