360℃ Google street view

CORPORATE BLOG

知っていると役立つ「80対20の法則」

こんにちは、カリンです。
今回は、知っていると役立つ「パレートの法則」について書いていこうと思います。

パレートの法則とは?

皆さんは「パレートの法則」という言葉を聞いたことがありますか?

パレートの法則とは別名「80対20の法則」といい、イタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートが発見し提唱した言葉です。

パレートの法則は簡単に説明すると「 “2割の要素” が事象の8割を生み出している」という考え方です。

パレートの法則の例

具体的な例で言うと、

  • 100匹の働きアリのうち実際に働いているアリは20匹
  • 売上の8割は、全顧客のうち2割で生み出している
  • 会社利益の8割は、全従業員のうち2割で構成されている
  • 納税額の8割は、対象となる全住民のうち2割の富裕者層が担っている
  • トラブルの8割は、全システムのうち2割に原因がある

…のように日常生活の様々な事象を切り分けてみると、8:2の比率になっていることが多々あります。この法則を「パレートの法則」と言います。

パレートの法則の応用編

パレートの法則は様々な物事に当てはまるので、応用することも可能です。

一例として、「ECサイト改善」を例に説明します。

まずは、サイト上の情報をパレートの法則に当てはめるために、アクセス解析を確認します。

自社ECサイトのどのページにアクセスが集中しているのか、アクセスの多いユーザー属性はどういったものかをチェックします。

続いて、売上の大半を占めている商品を特定し、前面に押し出したデザインに改善していきます。

具体例として
・トップページからすぐに商品ページに移動できるようなデザインへ改善
・コンテンツをさらに読みやすく、ユーザーにとって有益な情報を得られるように改善
などのデザイン、UI面の改善を行います。

さらに、アクセスが集中するコンテンツの関連ページを増やすというのも改善に繋がります。

ユーザーのアクセスが集中するページを分析し、そのページに配置されている商品やキーワードを他ページにも関連付けしていきます。
そこから、それぞれのページをリンクで繋ぎ、最終的に商品購入、お問い合わせ、資料請求など目的のページへとユーザーを意図的に誘導し、サイト内の回遊性を上げていく…といった所謂2割の部分を増やす改善などが考えられます。

このようなECサイトの改善もパレートの法則に当てはめてみると、闇雲に探すよりも発見しやすくなりますよね。

ただ、あくまでもパレートの法則は、一部の偏った部分から数字が上がったという経験則から導き出されたものです。
そのため、すべてのビジネスに当てはまるかといえば必ずしもそうとは言えないので絶対当てはめなければいけないというものではありません。

円滑に業務を進めるために

パレートの法則は、知っているだけで物事の見方を少し変えることが出来ます。

私の場合はパレートの法則を日々業務に置き換え、一日のうちどれだけ集中して仕事ができているか考えるようにしています。

経営やマーケティング、日常生活にも当てはめることができるので、皆さんも日々の生活の中でパレートの法則を活用してみてはいかがでしょうか。

Pocket

※テレビ会議によるフルリモートでのサービスの提供にも対応しております。

滋賀でホームページ制作をするならファーストメイドにお任せください。滋賀県を拠点にして、ホームページ制作を主な業務としています。

FIRST MADEでは、あらゆるデザイン制作や企業ブランディング、アートディレクションを行なっています。 私たちは滋賀の頼れるweb制作会社としてお客様に寄り添います。