360℃ Google street view

CORPORATE BLOG

ホワイト・スペースの意味

こんにちは、メグミです。

今回はデザインをするにあたって大切な「余白」についてお話ししようと思います。

余白の意味

余白=「ホワイトスペース」とも呼び、何も配置されていない領域のことを言います。
余る白と書いて、余白。
文字通りの意味なら余分なものでは?と考えるかもしれませんが、決してそうではありません。

デザイン上での余白は、作っているうちに何となく余ってしまったスペースではなく、意識して作っているものです。

デザイン上での余白がどんな効果をもたらすのか、以下にご紹介していきます。

情報を見やすく整理

文字数が多い内容でも、余白を設けることで情報が整理され見やすくなります。

チラシなどの印刷物に限らず全てに当てはまることですが、文字間・行間を含め周りにゆとりを持たせずに情報を詰め込んでしまうと、一目で見たい情報に辿り着くことができません。

例えばこちら。

どちらがわかりやすくて見やすいか一目瞭然ですよね。
左の図のように余白を全く設けず文字を詰め込んでいては、ごちゃごちゃしていて内容を理解するのに時間がかかってしまいます。
情報は互いが近すぎると文字同士が主張し合ってしまうため、かえって見にくくなるんです。
強調したい見出しを大きくしたところで、より窮屈に見えてわかりづらいですよね。

余白を設けることで情報同士の干渉を和らげることができるので、文字周りには特に余白が必要だと思います。

より強調させる

余白は、何かを強調させたい時にも効果的です。

余白を設けて注目させる。
例えば下の画像で言うと、右下にポツンと置かれたスマホに対して自然と目がいきますよね。このように余白スペースの一部分に置かれたモノに対しては視線が引きつけられるんです。

 

余白部分にキャッチコピーや画像を置くことで、強調したいメッセージや見せたい画像に視線を誘導することができます。
この余白が与える効果を意識してレイアウトを組むことで、より訴求力の高いデザインに繋げることも可能です。
見やすさ・わかりやすさだけでなく、伝えたいメッセージをしっかりアピールするためにも、余白の使い方には常に気をつけたいですね。

デザインを印象付ける

余白を調整することによって、デザインの印象を操作付けることもできます。

一つ前の項目でも書いた通り、何かを強調させたり際立たせたりするために余白をつけるので、余白を多く設け売ることで「高級感」「シンプル」といった印象にまとめることができます。
高品質なもの、伝統的なもの、洗練されたような雰囲気に仕上げたい際はデザインの際に余白を多く設けられることが多いです。
特にジュエリーや化粧品などのWEBサイトや広告ではそのような余白たっぷりのデザインをよく見かけるのではないでしょうか。

余白を多く使ったデザインの例がこちら。

 

 

 

余白が多い、空いてる部分にもっと情報入れられるのに…」「空きスペースにもっと写真を入れたい…」なんて考えが頭を過ぎるかもしれませんが、余白をしっかり確保するからこそ、この広告のような上質な印象を与えることができるんです。

余白をつけることでどんな印象に仕上がるか?を意識しながらデザインをすることでよりわかりやすく、洗練されたものに仕上がります。

余白が多い=高級感・シンプル・洗練・シャープという印象である一方で、商品ラインナップの多さや安さ、情報量の多さをアピールしたい場合は最低限の余白で良いわけです。(例:スーパーや電気屋さんのセールスチラシなど)
余白が少ないと、賑やか・楽しげ・ワイワイ・親しみやすさといった印象を与えることができます。
なので掲載する情報の内容や量、与えたい印象、コンセプトなどによって使い分けが必要ですね。

このように余白をどれだけ設けるか・設けないか、どのように余白をデザインするかが全体の印象付けに大きく影響しています。

いいデザインには余白が不可欠

上記で説明したように、余白(ホワイト・スペース)には情報をわかりやすくしたり、時には強調したり、視線誘導の流れを作ってくれたりと多くの効果があります。
これはチラシや名刺、パンフレットなどの印刷物に限らず、WEBサイトやインテリアなど全てにおいて共通することだと思います。

良いデザインを作るには、上手く余白を活用していくことが不可欠ですね。

 

Pocket

※テレビ会議によるフルリモートでのサービスの提供にも対応しております。

滋賀でホームページ制作をするならファーストメイドにお任せください。滋賀県を拠点にして、ホームページ制作を主な業務としています。

FIRST MADEでは、あらゆるデザイン制作や企業ブランディング、アートディレクションを行なっています。 私たちは滋賀の頼れるweb制作会社としてお客様に寄り添います。