360℃ Google street view

CEO BLOG

時流に対応できるSNS広告のすすめ

Written by Takashi Yamanaka

今日は弊社でも昨年から徐々に運営依頼が高まっているSNS広告のまとめについて書いて行きたいと思います。

SNS広告とは…
SNS広告とはTwitterやInstagram等のSNS上の広告枠を利用した広告媒体です。多くのユーザーが使用しているSNSで広告を打つ手法は近年人気になっております。自然な形で広告を表示させることに長けた特徴を持っております。

SNS広告は、媒体ごとにユーザー属性が異なっているので、商材に適した媒体を選ぶことで効果が高まるといった特徴があります。

また、詳細なユーザーのターゲティングが可能なため、見込み顧客からのコンバージョン獲得に向いている方法でもあります。

しかし、専門的な設定なども多く、企業様や店舗様ではうまく管理・運営できないのが実状です。

Facebook広告

SNS広告の一種で、Facebook上のタイムライン(ニュースフィード)やサイドメニューに広告を掲載することができます。

Facebook広告は性別や年齢、興味関心といった属性に応じたターゲティングの精度が高いのが特徴で、狙ったユーザー層に対して効果的にリーチすることが可能になります。

また顕在層だけでなく、自社商品を知らない潜在層に対してもアプローチすることができる点も強みです。

ユーザー同士での共有や拡散が起これば期待以上の広告効果をもたらすことができますが、一方でコントロールが難しく、長期的に効果測定を行って施策を見直していく運用が必要になります。

Instagram広告

Facebook広告と同様にSNS広告の一種で、若年層や女性に人気のSNSであるInstagramのフィード上に広告を掲載することができます。

写真や動画での訴求を得意とし、特に食品や化粧品、雑貨、アパレル、ファンション関連との親和性が高いため、それらを商材とするECサイトには最適といえるでしょう。

SNS広告のメリット

SNS広告のメリットは大きく分けて3つあります。

・詳細なターゲティングが可能
・潜在層にもリーチ可能
・自然な広告表示

 

①詳細なターゲティングが可能
ユーザーはSNS上に住所や年齢・性別等の個人情報を登録しているためその情報を基にした正確なターゲティング設定が可能です。このことによって狙った見込み顧客に対してリーチできる可能性が高くなります。

 

②潜在層にもリーチ可能
SNS広告はリスティング広告と同じように様々な顧客層に対して広告を表示させる事が可能です。またTwitter等ではRTという機能があり拡散効果も見込めるのでより幅広い認知獲得が可能です。

 

③自然な広告表示
SNS広告は普段ユーザーが使用しているアプリ上で広告を表示させる手法なので、中には広告と気づかないような自然な形で溶け込んでいる広告もあります。その事によりユーザーにも受け入れられやすい手法と言えます。

 

SNS広告のデメリット
SNS広告のデメリットは大きく分けて2つあります。

・炎上の可能性がある
・年齢層の高い層にはリーチが難しい

 

①炎上の可能性がある
SNS広告には拡散機能があるので、ついつい過激な表現でユーザーの目を引こうと広告を打ち炎上するパターンも少なくありません。自社ブランドの毀損にも繋がりかねないので気をつけて広告を運用していく必要があります。

 

②年齢層の高い層にはリーチが難しい
SNSの平均使用ユーザーは10代~50代が主な層となっているので、それより上の年齢層をターゲットとする場合はSNS広告は向いていません。その場合は従来のTV広告や新聞広告、DMが友好的な手段となるでしょう。

 

SNS広告に向いている方
SNS広告が向いている方はこのような方です。

・若者がターゲット層の方
・ターゲットが明確な方

 

①若者がターゲット層の方
SNSの主な主要な使用層は若者が多いため、アパレルやコスメ等の商品を扱っているECサイトとは非常に相性の良い広告媒体となります。実際に拡散力の高い広告で独特の世界観を作り出して成功しているECサイトも数多くあります。
②ターゲットが明確な方
セグメント等が明確な方はターゲティング設定を詳細に行う事でより効率的でコンバージョン率の高い広告運用が可能です。

SNS広告に向いていない方

SNS広告が向いていない方はこんな方です。

明らかに高齢層がターゲット層の方
高齢層がターゲットの方は、高齢層のSNS使用率が低いためSNS広告は向いていません。他のネット広告にも言える事ですが高齢層をターゲットとする場合は従来型の折込チラシなどに代表されるアナログ広告(新聞広告やDM)が有効でしょう。

インターネット広告はターゲットと目標を明確に

いずれにしても、まず始めにターゲットとする顧客と広告の目的を明らかにし、ゴール(目標)を設定することが重要です。

ECサイトへのアクセスをどれくらい増やしたいのか、コンバージョン率を何%に引き上げたいのか、売上をいくら上げたいのか、明確な数値目標を立てることが大切です。

インターネット広告は出稿したら終わりではありません。広告出稿後にはツールを用いて効果を計測・分析し、継続的に施策を切り替えていく柔軟さが重要です。

この記事を参考にしていただき、広告をうまく活用して自社のECサイトやリクルートページで掲げる目標を達成できるよう検討してみてはいかがでしょうか。

Pocket

※テレビ会議によるフルリモートでのサービスの提供にも対応しております。

滋賀でホームページ制作をするならファーストメイドにお任せください。滋賀県を拠点にして、ホームページ制作を主な業務としています。

FIRST MADEでは、あらゆるデザイン制作や企業ブランディング、アートディレクションを行なっています。 私たちは滋賀の頼れるweb制作会社としてお客様に寄り添います。