360℃ Google street view

CEO BLOG

長い歴史を経て蘇る地場産業

Written by Takashi Yamanaka

さて、たまには仕事の情報も書いていきたいと思います。

現在、仕立屋と職人のタカユキくんと、浜縮緬工業協同組合様のWEBサイトのリニューアルに着手しています。

僕の友人である「仕立て屋と職人」の石井拳之くんが、素晴らしい技術とクオリティの「浜ちりめん」にスポットを当て始めたのが今から3年前くらいでしょうか。

長浜の地場産業をもっと深く知って、ユーザーに抜群の形でアウトプットしたい。と今絶賛制作中であります。

長浜の地場産業、浜縮緬工業協同組合キックオフMTG

この日は、サイト全体のトーンや、ファーストビューを決める作業を進めていきました。

大きく3つの視点からそれぞれのカテゴリーごとのキャッチを決めたりしましたが、流石タカユキくんのワークフローは一緒にやっていても刺激的です。

 

あっと驚くワーストインパクト。これこそが人の心を掴んで離さないずっと人の心の中に残るもの。

クライアントからは「どれも捨てられない」という言葉が出てくるほどで、この中でどれか一つに選択するということが結構、勇気のいる作業だったりするわけです。

しかしながら、全部いいから、全部載せよう!ではサイトのトーンにもばらつきが出てきてしまうし、閲覧ユーザーからは、結局何が言いたいサイトなのだろう。となってしまいます。

僕も、過去何度もプレゼンしていて思うことは「確かに捨てられない、だけどここで取捨選択しなくては」と制作者側でも思うものです。

そんな 10パターンほど上げてきた中で、満場一致で決まったのは…

やはりあのキャッチフレーズでした。

こういったクライアントワークを客観的に見ていて改めて思ったことは、本当に伝えたいこと。つまり、長浜の地場産業でしかできない事。を全面的に出していこう。という部分に集約されるのではないかと思います。

さてさて、コンセプトの土台もしっかりと決まったのでこのあとは写真撮影・デザインとサイトの仕様に入っていきたいと思います。

浜縮緬工業協同組合様のWEBサイトのリニューアルプロジェクトの進捗や、経過はこちらのBLOGでも発信していこうと思います。

 

Pocket

※テレビ会議によるフルリモートでのサービスの提供にも対応しております。