360℃ Google street view

CEO BLOG

この小さな苗木を大木にしてみろ。

Written by Takashi Yamanaka

ぐんと冷え込んで、冬ももう間近になってきましたね。

寒くなると思い出す言葉があります。

「何も咲かない冬の日は下へ下へと根をのばせ。」

以前にBLOGでも記載しましたが、僕の好きな言葉の一つです。

人というのは、初めはなかなか経験値も少なくすぐには芽が出ないものです。

その中で、あらゆる価値観に触れ、時には内省し、自身が足りていない部分と紳士に向き合うからこそ、成長できるものだと感じています。

その際に逃げずに、まっすぐに受け入れる度量というのは「人」として絶対的に必要だと思います。

実は先日、YOUTUBEを見ていて、代ゼミで荻野先生という数学を教えている人がいるのですが、この人が言っていた事を思い出しました。

通信簿

皆さんは学生の頃の通信簿を覚えていますでしょうか。

見開くと、左が数学や国語などの学力で、右がその人の人間性。

その昔、学生の頃は「左」が非常に重要でした。

しかしながら、通信簿の左だけで評価されてきた高校生の人生はここで終わり。

大学に入ったら「右」側を充実させよ。という訴えでした。

数学とは一見難しいと思われているが、チャート式を一から解いていけばすぐに成績は上がる。

でも、人間性の涵養はよほど難しい。だから、これからの大学生活を有意義に過ごせ!!と叫んでいます。
左側で成功したからといってそれに固執しているとよくない。ということを訴えていました。

英語が5、数学が4、理科が3など、学生時代とうのはこの数字が大事だったんですよ。

だけど、社会にでればこれからは、そんな能力は、何の役にも立ちません。

社会に出ると必要になるもの。

皆さんに思い出して欲しいです。

通信簿の「右」側にある人間性の部分はなんと書かれていたでしょうか。

整理整頓が良くできる、人に優しい、根気強い、リーダーシップがとれる、協調性がある、なんて書いてありました。

社会に出て明らかに重要なのは、明らかに「右」側です。

この人間性が問われるのが社会であり、会社であると思います。

だって、どこの会社が積分とか使いますか?笑

全てPCやスマホがやってくれるわけですから。

知識として持っている分にはいいですが、しかし、それも使わないと(使うシーン)がないと意味がありません。

言われたことだけを淡々とこなす時代は、もう終わっているのです。

とどろつまり、右側の部分が大事が絶対に大切なので、来年スタッフを受け入れさせていただく際も、この点から話をしたいですね。

Pocket

※テレビ会議によるフルリモートでのサービスの提供にも対応しております。

滋賀でホームページ制作をするならファーストメイドにお任せください。滋賀県を拠点にして、ホームページ制作を主な業務としています。

FIRST MADEでは、あらゆるデザイン制作や企業ブランディング、アートディレクションを行なっています。 私たちは滋賀の頼れるweb制作会社としてお客様に寄り添います。